メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルスQ&A

質問

会社でストレス・チェック票を記入したところ、健康診断の面談で「一度、心の専門家にかかってみたら」といわれました。気乗りはしないのですが、「○○メンタルクリニック」などと銘打った駅のホームの看板に、ついつい目が留まります。なになに、「精神科」? 「心療内科」?「神経科」? 一体どう違うのでしょうか。

回答(独立行政法人労働安全衛生総合研究所 産業医学総合研究所 精神科医 倉林るみい)

本来、精神科と心療内科とは、学問的背景も、取り扱う病気の種類も違います。ややこしいことに、実際にクリニックの看板に掲げられている科の区別は、本来の学問上の区別から少々ずれていることが多く見られます。まず本来の姿、続いて実際にクリニックを受診する場合について説明しましょう。
精神科では、心の病気全般を取り扱います。すなわち、うつ病、統合失調症(精神分裂病)、神経症(俗にいうノイローゼ)など。対人恐怖や、最近よく耳にするPTSDも神経症の仲間に入ります。さらにはアルツハイマーや、アルコール・薬物の依存症(中毒)も診ます。
心療内科は内科の一分野であり、元来、身体の病気について心身両面からのアプローチを展開していくところです。心療内科では主として心身症を扱います。
心身症は、単一の病気ではありません。身体の病気のうち、発症やプロセスに心理的な因子の関与が大きい一群の病気を指します。胃や十二指腸の潰瘍、過敏性腸症候群、高血圧、狭心症、気管支喘息、片頭痛、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、更年期障害などです。何の病気か見当がつかなくても、身体の症状が強く出ていて、ストレスが大いに関係しているようなら、心療内科を訪ねるとよいでしょう。
もうひとつ、神経科というものもあります。これはほとんどの場合、精神科と同じです。両方を続けて精神神経科ともいいます。
なお、神経内科という科は大きく違います。神経内科では、脳や神経の病気、例えば神経炎とか神経痛などを内科の観点から治療するところです。パーキンソン病などもこの科で診ます。頭痛や目まいなどは、神経内科で扱う代表的な症状です。
総合病院では、精神科(精神神経科・神経科)には精神科医、心療内科には心療内科医、神経内科には神経内科医と、住み分けは明瞭です。
クリニック(診療所)ではそう単純ではありません。通常、精神科医が開業する場合、精神科のみの看板を掲げると、患者さんが来院しにくいおそれがあります。
残念なことですが、精神科に対する偏見は年配者を中心としていまなお根強いのが現実です。そのため、多くの精神科医は、「精神科・心療内科」あるいは「心療内科・精神科」と、両者を併記して開業しています。
また、心療内科医も、心身症だけでなく、うつ病や神経症など心の病気も診ています。
つまり、クリニックの看板に「心療内科」と書いてあれば、いま職場で問題になっているうつ病などにはほぼ対応していると思ってよいでしょう。
これらを念頭に、病院やクリニックを訪ねれば、お門違いになる心配はまずないでしょう。