メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルスQ&A

質問

 最近、自社でもメンタルヘルスの不調で休む従業員が増えています。何人かは回復して職場に復帰していますが、すぐに別の従業員が休んだりしています。不調に悩む従業員をこれ以上増やさないようにするにはどうすれば良いでしょうか?

回答(産業医科大学 産業医実務研修センター 中本 真理)

 うつ病などのメンタルヘルス不調の原因は様々ですが、一般に仕事や家庭でのストレッサー(ストレス因)が重なり、特に、考え方や性格などの個人的な特徴も影響して陥ると言われています。 ご質問にあるとおり、職場におけるメンタルヘルス対策は、発生したメンタル不調者への対応に追われがちですが、できれば発生を予防したいところです。職場での疾病予防対策には三つの段階があり、疾病の原因を減らして疾病そのものを予防する「一次予防」、疾病を早期発見して対応する「二次予防」、疾病からの社会復帰を支援する「三次予防」に分けられます。今回は、一次予防に関する質問と思われますので、主にメンタルヘルス不調の一次予防のポイントについて説明したいと思います。
  一次予防は、疾病の原因を減らすことに焦点を当てることになりますので、メンタルヘルス不調の場合には、仕事上のストレッサー対策と個人のストレス対処(コーピング)能力を向上させることの二つがあります。
  まず、仕事上のストレッサー対策ですが、簡易ストレス調査票などの質問紙による調査を用いて行う対策があります。質問紙と一口でいっても、さまざまな目的で作られたものがありますので、何を評価したいか、まず明確にしてください。そして重要なことは、初めからその結果をどのように活用するかを計画しておくことです。結果を活用しなければ「何か改善をしてくれるかも」といった期待を裏切ってしまう事になり、状況はかえって悪くなってしまいます。ただし、質問紙で明らかになる実態は、多くの場合それぞれの組織の内部者には予測がついていることが多く、またどのような改善をする必要かも見当がついていることも多いので、質問紙の結果はあくまでも改善のためきっかけとして用いて、組織構成員の全員が参加してブレーンストーミングで改善のアイデアを出し合ったり、アクションチェックリストを用いて改善活動を進める必要があります。そしてもっとも大切なことは、組織のトップが改善の必要性を認識し、リーダーシップを発揮することです。
  一方、個人のストレス対処能力の向上のために、教育研修を行うことも必要でしょう。この目的でよく行われている研修に、自分の気持ちや考えを、正直に、率直に、場にふさわしい方法で表現し、相手にも表現するよう働きかける能力を磨くアサーション、ストレスと感じる物事の捉え方自体を修正していく認知行動療法、不安やイライラといったストレス反応を減少させる自律訓練法のようなリラクゼーションなどがあります。
  このような一次予防は、メンタルヘルス不調者の予防のみならず、職場のコミュニケーションを活性化させ、職場の活力や生産性の向上にもつながるはずであり、組織にとって多大な効果をもたらすことでしょう。