メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルスQ&A

質問

 最近心の病が原因で病気欠勤を取る社員(以下、休職社員)が増えてきています。そのような社員に対して、職場の上司としてはどのように対応したらよいのでしょうか?

回答(産業医科大学 産業医実務研修センター 國木 康久)

 基本的には、他の一般的な病気で休む社員と同様に接していただくということです。ただし、その際いくつかの留意事項がありますので、以下で説明したいと思います。
  まず、会社によって産業医等の産業保健スタッフの配置が異なりますので、会社または事業所としての一定のルールを決めてください。特に、誰が窓口になるか明確にしておく必要があります。基本は、通常の労務管理を行う上司が窓口となります。 (専属の産業保健スタッフがいる場合には、病気療養中の窓口を産業保健スタッフにした方が良い場合がありますが、そのような事業所はそれほど多くありませんので、ここではそれ以外の事業所を前提に説明します)
  次に、連絡方法ですが、一定期間以上の病気欠勤が続く場合には、本人から会社に定期的に連絡をさせることが基本です。ただし、心の病気の場合には、会社への連絡自体が大きな負担になる可能性がありますので、連絡がない場合には折を見て会社から様子を聞くこともよいでしょう。特に、病気欠勤のための診断書の提出をきっかけに連絡をとることもよいきっかけでしょう。  
  また、連絡時の接し方についても多少の配慮が必要です。どうしても、休んでいる部下に対して頑張れなどといった励ましの言葉をかけがちですが、なるべくならばそのような言葉は避けた方がよいでしょう。むしろ回復するまで安心して休めるように配慮した言葉をかけることが基本になります。
  同時に、病欠中の社員は、会社の流れから置き去りにされていることの不安も大きいので、相手の状態に配慮しながら、会社の様子を適宜提供することも大切です。そして、いつでも相談にのる用意がある旨を伝えてください。また、本人が「そろそろ復職したいと」と申し出たときにも、本人の申し出をそのまま鵜呑みにせず、必ず本人を通じて主治医からも情報を得るようにしてください。
  上司が窓口となった場合に、「他の社員と同じように接する」といっても、心の病気の場合には、上司も自分の接し方が適切かどうか、心配になることが多いようです。その場合に、嘱託であっても産業医などの専門家に相談できるように体制を整えて、上司をサポートできるようにしておくことも重要です。