メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルス用語集

タイプA 

1950年代後半にフリードマンとローゼンマンは冠状動脈疾患と虚血性疾患の主因はいろいろな情動反応(いかり、よろこび、おそれ、かなしみ)の強さと関連があると考え、@性急で物事をできるだけ速く成し遂げようとし、それが妨げられると強い怒りを示す、A仕事への意欲が強い、B他人に対し非寛容で敵意を示しやすい、などの行動特徴を「攻撃的(aggressive)」であるということで「タイプA」と名づけ、タイプA行動を示す人が冠状動脈性心臓病の発病に強く関与していると結論した。その後もA型行動と冠状動脈性心臓病が関連することを示す多くの研究が発表されている。