メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルス用語集

薬物療法・SSRI

うつ病の薬物治療で最近主流になりつつあるのが、「セロトニン再取り込み阻害剤」(SSRI)というものを使う方法です。うつの人はセロトニンが神経細胞の受容体にうまく結合できずにいるうちに脳小胞に吸収されて消えてしまうので、SSRIによってセロトニンが吸収されるのを防いで、結合できる確率を高めようとする方法です。
SSRIではアメリカで最初に発売されたプロザックをいう薬が良く知られていますが、日本ではよりマイルドなルボックス、デプロメール、パキシールなどが良く使われています。また、うつの治療にはセロトニンと同時にノルアドレナリンの再取り込みを阻害するSNRIと呼ばれる薬剤も使われ、日本ではその中でもマイルドな作用を持つトレドミンという薬が使われています。