メンタル・ヘルス研究所日本生産性本部

メンタルヘルス用語集

EAP

Employee Assistance Program の略。社員の仕事上のパフォーマンスに影響を与える個人的問題(健康・結婚・家族、経済的、アルコール、ドラッグ、法的、心理的、ストレス等)を見つけ、解決するのを援助することを目的とした従業員支援プログラムです。もともとは1940年代にアメリカの先進企業がアルコールや薬物依存対策として導入したのが始まりで、現在ではアメリカの経済誌『フォーチュン』が選んだ500社のうち約95%がEAPサービスを受けているとされています(1997年)。
EAPは社内にスタッフが常駐して従業員の相談を受けるタイプと社外の専門機関がクライアント企業から業務委託を受けるアウトソーシングタイプの2つがありますが、最近では社外のEAPを利用する企業が増えているようです。